住宅ローン保証会社とは?

住宅ローンには、保証会社を利用する場合としない場合があるようです。
保証会社を利用する場合ですが、通常借金する際には担保や連帯保証人が必要になります。
担保についてはこれから購入するマイホームが抵当に入りますが、連帯保証人の代わりとなるのが保証会社です。
利用しない場合は、金融機関の判断で不動産の担保価値が高い場合や、連帯保証人が複数いる場合などでしょう。
金融機関は貸し倒れにならないように、確実な方法を選択するのだと思います。
ただ、保証会社をつける場合には、保証人になってもらうための費用として「保証料」を支払わなければなりません。
確実な連帯保証人がいるなら、高額な保証料を払わなくてすむので、そちらの方がおトクと言えそうです。